雪のように淡く 花のように儚い

d111.jpg4月からの仕事のしんどさ+衣装作りの楽しさに気を取られてしばらくまともな絵を描いていなかった気がします。
特にここの記事書く時は、どうしてもギャグテイストなうえに明らかならくがきクオリティになることが多いからな…。

自分は真面目系描ける人だっけ?とたまには確認しておかないと不安で仕方ありません。
というわけで、お試しに細胞分裂中のアメーバ双子(なんて表現だ)
……うん、描けた。とりあえず大丈夫だった。

でもやっぱアホっぽいネタ絵描いている時が一番楽しい(^o^)
今のプロフ絵けっこう気に入っているのだが……いつかルージュファンからクレームが来そうだな(-_-;)
他に候補の絵がないので、当面はこのままのつもりですが(コラ)
スポンサーサイト

TOKINOナリキル

小林智美画伯のキャラと言えば、シャラシャラした装飾品の描写も魅力の一つだと思う私です。

続きを読む

拘りの境界線

なりきるにしても限界があるよというお話。

続きを読む

酔狂なる制作記録

―――とまあ、そういうわけなんで。(どういうわけなんで?)

前回から話は続きますが、

続きを読む

拍手返信(04/17)

続きを読む

オタクの根っこ

同人活動から手を引いてウン十年。
人は、巡り巡ってまた同じ場所へと戻っていくものなのだろうか?

ははは、何言ってんでしょうかね~この人は。
昨日の話の続きなんですけれど。

続きを読む

野生のオタク本能

4月になれば確定しようと思っていた件がありました。

続きを読む

THE GOODS ~トルネードが萌える品~

今日はちょうど4月の真ん中ですね。
気が付けばちょっぴりご無沙汰しておりました。

新しい仕事環境が思いの外しんどくてですね……最初の1週間くらいはもう本当にリアルにげっそりしちゃってましてん( ´д`lll)
次の週になってようやく自分の置かれている事態を理解し始め、ちょっぴり余裕ができたところが今現在。
やっとブログ更新しよっかなー…というところまで頭がいくようになりました。

続きを読む